FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

第23話:ウイニング・サル迷路


理由。

それはひとを動かすもの。

見失ってはいけない、何よりたいせつなもの。


「がんばる理由」を問われた時に、真剣に
「ナツミさんのため」と、言い切ってしまえる
ヒロキくんには感動しました。

いや本当に。

第20話で「それはヤダ。」と拒絶されたというのに…←やはり「オチ」がつくのですか

カケルくんたちの新たなる挑戦が始まりました。
アーミーっぽいプロテクターがいまひとつ似合っていないようです(苦笑)。
逆にそのことが、ふだんの彼らって平和な子達なんだよねということを
再認識させてくれました。

今回は迷路+フリークライミングという
たけし城…って歳がばれますね、
もといSASUKE(その表現もビミョー)のようなハードな試練でした。

頭が良くて、運動も大得意なナツミちゃんの魅力が存分に
発揮されました♪

画面としてはナツミちゃんが自分の体重を支えながらがんばってるという
感じがよく伝わってきました。
さりげないようだけど、技術的には結構スゴイ「演技」だと思います。

がんばっていたり、「パズルなら得意よ★」と、ちょっと
にこりとしたりする表情もとても魅力的。

番組初期だったら「絵」になっていそうな「顔」が
3DCGのまま、かわいらしく描かれていたのが良かったです♪

Jさまもイケズな感じで目を細めていたりと、
表情勝負においても負けていません!!(?)

「本当に強いやつはやさしいんだよ」

カケルくんのその言葉を証明するかのようなGの行動。

ゴツクて、一見、いちばん「悪い感じ」がするGの正々堂々とした
戦い方、そしてやさしさ。

手を触れ合ったときのやさしさでGの正体に気づいてゆく…
というナツミちゃんの女の子らしい、こまやかな視点から導かれる
展開に、「生身」を感じさせてドキッとしました。

クラックたちはGの行動にブーイングだったけれど
Jさまはノーコメントなのは、クールな性格ゆえなのか、それとも…?

■今週の博士
「決めるときは決める、ワシそっくりじゃ」
直前の会話ではあいづちを打っていたチャルも
この台詞にはノーコメント。
場面転換のためと思っていたのですが…
もしや相手を気遣って、あえて真実を告げないという
「やさしさ」のもうひとつのケースをそれとなく表現??(笑)

「バイタルは安定しています」
というチャルの台詞が、ERっぽくて萌えました…
「博士の立場、風前のともし火」続行中!

そして目を覚ましたスペクターさん。彼はこれからどう動くのでしょうか。

ナツミちゃんを救ってくれたこと、
丈夫そうなプロテクターを用意してくれていたこと…
そしていつも、あくまで彼ら自身が
用意したステージで戦おうとしていること…

カケルくんたちに質問を投げかけるばかりの
ピポトロンさんたちの、本当の目的はいったい?
スポンサーサイト



COMMENT

アンガールズ

ラストに近付くにつれついつい内容が多くなってしまい
反省の毎日を送っていますが、この回も弱冠尺が
オーバーしていました。

元々、「意識はまだ戻りませんが、血圧、脈、呼吸は落ち着いています」
というセリフだったのですが、少しでもスリムにするために
「バイタルは・・・」という表現に変更しました。

もし尺が潤沢にあれば、そのあとJが
「頭部CTと血管造影をオーダーだ!マルッチ!」
それを受けてクラックが
「了解!コバッチュ先生」
なんて・・・いや独り言ですすみません。

*****************反省

子供たちにとっては脈拍もバイタルも難易度の高い言葉ですが
ここはチャルの表情と声の演技によって状況は充分伝わると判断し
変更しました。

これをきっかけに医療方面への興味が湧く子供がひとりでもいれば、
なんて夢のようなことも考えつつ・・・。

2006.09.10| URL| はばら #KwZbu31Y [編集]

キャストにも注目★

コメントありがとうございます。

「なんだろう?」という疑問からはじまる
智への探求という、子供たちの新たな可能性の扉の鍵を
示していたのですね(?)。

ホントに「表情」は日々進化しているので、
意図はじゅうぶん伝わったと思います♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラック「ハ~イ、キミ医学生?このあとの予定は?」
チャル「もう10時間働いてるけど、このまま夜勤になりそうです。」

独り言です(笑)。

2006.09.11| URL| K.i.o #p0DhEmCQ [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »